世界への投資

【為替】これから大きな円安が待っていると考える3つの理由【外貨投資】

投稿日:

 

少しずつ涼しくなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

為替においても少しずつ円安が進行しておりますが、円高論者は多いものです。

私は円安論者、もはや円安信者ですので本日はこれから大きく円安が待っていると考える3つの理由に関して説明したいと思います。

 

アメリカの金融政策はドル高をもたらす

ご存知の通り、アメリカにおいては今年の3月、6月とすでに2回の利上げを実施しており、今月10月からは資産規模の縮小も始まります。

米国が金利を上げれば資金は米国に回帰します。

年内にももう一度利上げすると言われており、さらなるドル高が見込まれます。

FRBが資産規模を縮小すればそれは市中からドルを吸収する動きになるので流通するドルの総量が減る。

数が減るものの価値は高まるのでドル高になる。

これらが米国の金融政策がもたらすドル高の理由です。

 

アメリカの財政政策はドル高をもたらす

トランプ大統領が当選後に掲げていたのはインフラ投資減税

このどちらもドル高になりうる財政政策です。

特に最近現実味が増してきた減税に関して説明します。

減税においては代替財源が必要となります。

しかし今のところそれらは具体的になっておらず…

となると、米政府の歳入は減ってしまいます。

財政逼迫の懸念が生まれるのです。

ただでさえ債務上限を都度引き上げているというのにです。

財政懸念のある国の金利は上がります。

わかりやすく例えると、銀行が財務のよくない法人に融資をする際は金利を

高く設定しますよね

それと同じです。

 

そう、減税が米金利を上げ、ドル高につながるのです。

 

日本の円が売られまくる日が来る!?

現在、日本においては中央銀行である日銀が年間約80兆円分の国債を買い入れており、発行済みの国債の4割を日銀が保有していると言われています。

日銀が国債を買うことで日本の金利を低く押さえ込んでいます。

ただ、日銀が今後もずっと日本国債の買い入れを続けられるでしょうか?

よく出口戦略などと言われます。いずれ終わりが来る政策なのです。

ではその時、日本はどうなるのでしょうか。

あくまで予想ですが、日銀という絶対的な国債の買い手がいなくなることで日本の国債は暴落すると考えられます。

日本国債は格下げされ、海外の機関投資家も買わなくなる。

すると日本の金利は急上昇。政府の債務負担が増えていきます。

もともと良くない日本の財政状況がさらに悪くなる。

そんな国の通貨は持っていたくない、と世界中がここで初めて考えます。

日本円は大きく売られ、大きな円安が訪れます。

 

まとめ

私の考えている円安シナリオの根拠は3つ

①アメリカの金融政策がもたらすドル高

②アメリカの財政政策がもたらすドル高

③日銀の出口戦略に伴う大幅な円売りによる円安

これらが重なることで大きな円安ドル高の時代が訪れると考えています。

外貨投資は大事です。

ドルが基軸通貨と言われる理由をよく考えて外貨への投資も実践したいところですね。

クロスレートって何? 為替にまつわるお話

今日はこんなところで!

よかったらシェアお願いします!

ad




ad




-世界への投資
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【投資信託】リアル証券マンが教える投資信託を使った投資手法

こんにちは! 読者の方から『投信についての記事書いて』とのご希望頂きましたので、本日は投資信託です!!   金融ビッグバンに伴い、今や銀行などでも扱えるようになった投資信託。 昨今の低金利も …

第2のリーマン・ショック!?証券化サブプライムローンの恐怖、再び

第2のリーマン・ショック 2008年9月、もはや誰もが知っているリーマン・ショックが起こりました。 住宅向けサブプライムローン(低所得者向けのローン)の貸倒率が急騰し、証券化されていたサブプライムロー …

【新興国】なぜ今、トルコなのか【底打ち】

金融市場では現在まことしやかにトルコへの投資が注目されています。 トルコといえば昨年、クーデター未遂があったのち、エルドアン大統領の強権政治の印象が強いかと思います。 それがなぜ今、トルコなのでしょう …

クロスレートって何? 為替にまつわるお話

クロスレートとは何でしょう。 よく米ドルは基軸通貨であると聞くことがあると思います。 これは【通貨対通貨のレートを算出するにあたって基軸となる通貨です】ということを言っています。 どういうことでしょう …

中小型株、新興株が大幅安 〜ぜんぶ北のせいだ〜

  株が安いとテンション下がる! でも低いテンションでお客さんとこ行っても、決まるものも決まらないですからね! ハイテンション維持していきたいと思います!   中小型、新興株が安い …




このブログの投稿者

このブログの投稿者

現役証券会社勤務サラリーマン、通称リアル証券マンによる金融関連ブログ。現在はリテール営業に従事し、法人・個人のどちらも担当。早くリテールから脱却するため色々と試行錯誤中。

Twitter でフォロー

参加中のブログランキング

参加中のブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。