マーケット全般 世界への投資

【新興国】なぜ今、トルコなのか【底打ち】

投稿日:2017年8月28日 更新日:

金融市場では現在まことしやかにトルコへの投資が注目されています。

トルコといえば昨年、クーデター未遂があったのち、エルドアン大統領の強権政治の印象が強いかと思います。

それがなぜ今、トルコなのでしょうか。

その理由を解説します。

 

トルコ売りのきっかけはISIS(イスラム国)

トルコが売られ始めたのはISISが台頭してきた2014年の初頭と一致します。

立地的な問題ではありますがトルコはISISの勢力地と隣接していたためそのリスクから売られ始めたと考えられます。

以下のグラフはトルコリラの対米ドルでの動き(過去5年)です。

グラフが上に行けば行くほどトルコリラ安・米ドル高です。

 

トルコの軍によるクーデター未遂

トルコ軍が政権の転覆を企てたものの失敗に終わったクーデター未遂。

起こったのは2016年7月15日でした。

これをきっかけにトルコリラ安は加速します。

強権政治を敷いたエルドアン大統領による政治的な要因や、観光立国としても一定の地位を築いていたトルコは、観光客・観光収入の減少も始まったのです。

さらに相次ぐテロや銃の乱射事件もトルコリラ安に拍車をかけました。

 

それがなぜ今、トルコなのか

そんなトルコですが、実は今、資金流入が始まっています。

2017年に入ってからは非居住者による国債や株式の売買において大幅な資金流入が続いています。

上記の対ドルのトルコリラの推移を見てもトルコリラが買われていることは明らかだと思います。

また、観光客も戻ってきています

こんなニュースがありました。
トルコの外国人旅行者、7月は前年比46.4%増加 13年ぶり大幅増
ー ロイターより

トルコリラで検索すると某金融情報サイトではここ1年ぐらいトルコリラは底打ちか、と言い続けています。

その間も下落していますが…

私はようやくここらで底打ちだと考えています。

その理由は観光客が戻ってきたこと。

さらにこれ↓
「安さが際立つ」トルコ・リラ、ゴールドマンやブルーベイが強気
ー ブルームバーグより

実質実効為替レートは有効な指標になりうると考えています。

また、新興国あるあるですが、物価上昇が高止まり!!国民生活困窮!!という状況からトルコは抜け出し始めている兆候があるということ。

一時12%弱まで達したトルコの消費者物価指数は2017年6月には10.9%まで落ち着いてきました

 

おわりに

通貨が買われるには経済のさらなる回復や成長が必要になってきます。

直近発表されているトルコの2017年1〜3月GDPは前年比5%増。

確かに先年は経済が良くなかったですが、この数値は回復を示していると考えてもいいのではないでしょうか。

ここからはトルコが面白い!

外貨預金や債券、投信でトルコに投資は出来ますが、オススメは債券か投信。

証券税制が適用されれば特定口座(源泉徴収あり)で勝手に納税してくれて楽ですからね。

ぜひこの機会にトルコへの投資を考えてみては!

 

ad




ad




-マーケット全般, 世界への投資
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【決算一巡】ここから儲かる日本株の投資を考えよう!

  こんばんわ! 日本企業の決算発表もほとんど終わりまして、ここからは年末に向けての運用を考える時期になりました。 これから投資するならどんな会社の株がいいのか、私の主観を交えながら解説した …

【徹底解説】日経平均株価は25年ぶりの高値 〜そしてその先へ〜

  こんばんは! 日経平均株価は本日も大きく上昇し、終値は+389.25円の22,937.60円で引けました。 この終値は実に25年10ヶ月ぶりの高値です。 これだけの大幅上昇はもちろん、私 …

まだ日本にとどまってるの?外国株式の魅力

コンバンワ。 北朝鮮による地政学リスクもひと段落といったところで世界的に株価が上昇してきております。 日本株に関しても例外ではなく反発してきておりますが、本日はタイトルにある通り外国株式の魅力について …

【続落】日経平均株価は調整&値固めへ【逃げちゃダメだ】

  アイキャッチ画像に特に意味はありません。笑 日経平均株価は6営業日続落。 22028.32円 ー3591.69円 大幅安 一時23000円を超えたものの一旦の調整局面となっています。 1 …

【決算】日本株の決算プレーは明暗が分かれるから要注意【日経平均】

  日経平均の伸びが鈍化してきた今日この頃。 各社の決算発表を受けて大きく上方する銘柄と下落する銘柄に分かれてきています。   決算は大きな運用益が期待できる反面、大きな損失を抱え …




このブログの投稿者

このブログの投稿者

現役証券会社勤務サラリーマン、通称リアル証券マンによる金融関連ブログ。現在はリテール営業に従事し、法人・個人のどちらも担当。早くリテールから脱却するため色々と試行錯誤中。

Twitter でフォロー

参加中のブログランキング

参加中のブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。