リアル証券マンの戯言

ふるさと納税で選んだ神戸牛が届きました!

投稿日:

 

先日、ふるさと納税の概要についてまとめました。

【ふるさと納税】サラリーマン必見!確定申告不要のワンストップ特例制度を使ってみる【実証実験】

 

記事では実証実験ということで自分でもやってみたんです。

そのときに選んだ神戸牛が実は昨日、届きました!

早い!

1週間で届きました!

感覚としては3万円払って買った感じがしますが、ふるさと納税の真の効果は来年発揮されますからね。

もう一度ふるさと納税の税額控除について振り返ってみましょう。

 

ふるさと納税の税額控除

ふるさと納税とは、地方自治体への寄付を通じて地方創生へ参加できる制度です。

さとふるの控除額シミュレーターを使って簡易的に計算すると…

簡単シミュレーション

年収550万円 独身又は共働き

を選択すると、68000円と出てきます。

68000円までのふるさと納税であれば自己負担は2000円で残りの66000円は税金が控除されるという計算です。

※あくまで簡易的な計算ツールです。実際の控除上限額とは異なりますので目安としてお使いください。

 

今回の税額控除額

今回のふるさと納税では3万円を支払いっており、控除上限額の範囲内なので自己負担は2000円で残りの28000円が来年の住民税から控除される計算です。

 

ワンストップ特例制度

確定申告不要のサラリーマンはワンストップ特例制度が便利です。

ふるさと納税は本来、自分で確定申告することで当該年度の所得税の還付と翌年の住民税の控除が受けられます。

しかしサラリーマンでは年収2000万円を超えていない限りなかなか確定申告はしません。

そんなときに使えるのがワンストップ特例制度。

寄付先の自治体にワンストップ特例申請書(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)を提出することで確定申告不要で税額控除が受けられます。

私はこれからこの書類を提出しなければなりません…

 

おわりに

今回はふるさと納税のお礼品の到着報告の記事ですが、次回はワンストップ特例申請書の提出を記事にしたいと思います。

 

 

よかったらシェアお願いします!

ad




ad




-リアル証券マンの戯言
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【大納会】無事大納会を終え、今年は年末年始5連休【お疲れ様】

  同業者の皆様、投資家の皆様、1年間お疲れ様でした。 昨日12月29日(金)、無事大納会を迎え、本年の業務を終了しました。 今年は仕事もプライベートもいろいろありました。 今日は例年の年末 …

信頼関係の構築にはストップ高もストップ安もない

今日は朝一から嫌なことがありました。 嫌というかショック、ですね。 上司に詰められるのはいいんです。 問題なのはお客様との『信頼関係』です。 金融あるある 我々が扱っているものは目には見えません。 物 …

リアル証券マンの憂鬱

日曜日の夜、きっと多くの方が憂鬱になると思います。 例外なく、私も同じです。特に何もせずに過ごしてしまった週末なんていうのは後悔しかない。 そんな日曜日の夜こそ、仕事の準備をすることで出社することを楽 …

北朝鮮の動向が気になってしまう

  昨日、水爆実験をした北朝鮮ですが、今日の15時過ぎには韓国からの速報でICBM発射の準備をしているとのニュースが目に入りました。 またまた色々と感じることがありましたので更新しておこうと …

きっと私も生涯投資家

こんばんわ。せっかくの土曜日なのでリアル証券マンはお休みです。 今日は最近読んで面白かった本の話です。 これから投資する株式の選定にも役立つ内容だと思ったので紹介します。 生涯投資家 村上世彰氏の【生 …




このブログの投稿者

このブログの投稿者

現役証券会社勤務サラリーマン。
現在はリテール営業に従事し、法人・個人のどちらも担当。
早くリテールから脱却するため日々奮闘!

Twitter でフォロー

参加中のブログランキング

参加中のブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。