世界への投資

まだ日本にとどまってるの?外国株式の魅力

投稿日:2017年9月13日 更新日:

コンバンワ。

北朝鮮による地政学リスクもひと段落といったところで世界的に株価が上昇してきております。

日本株に関しても例外ではなく反発してきておりますが、本日はタイトルにある通り外国株式の魅力について簡単に説明します。

 

世界のトップを走るのはアメリカだ

企業の価値というのは時価総額(株価×発行済株式総数)で測ることができます。

そこで今日は、世界の時価総額ランキングを作りました。

以下をご覧ください。

こうして見てみると、やはり世界のトップはアメリカなんですね。

トップ10のうち実に8社がアメリカの企業です。

世界1位の企業が出てくるのがアメリカなのです!

米国株式の上昇力は底知れないです。

持たざるリスク、持たないことがリスクになると思います!

 

Appleという化け物

ここでは世界で一番時価総額の大きな会社『Apple』を取り上げたいと思います。

8,471億ドルという途方もなくなるような大きさの会社ですが、2000年以前は株価が1ドルを下回っていることもありました(修正後株価)

10年強前、2007年の初頭は株価が12〜13ドルであることを考えても株価は現在10倍超!

もはや化け物です。

日本で一番時価総額の大きな会社はトヨタ自動車ですが、その時価総額は1,680億ドル

Appleの5分の1です。アメリカ恐るべし。

 

侮れない中国

世界の時価総額ランキングトップ10には中国の企業が2社ランクインしています。

それがアリババテンセントです。

近年、非常に優秀な起業家を輩出してきている中国にも注目です。

 

外国株にチャレンジ

グローバル化が進展し、インターネットが普及したこの時代

海外の株式を買うのもそう難しいことではありません。

各証券会社では積極的に外国株式を情報を展開しています。

外国株の場合、為替の動きも絡んできますが、資産分散の一環として挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

税制に少々注意が必要ですが、詳細はまた更新できたらと思います。

ぜひ、外国株式に投資しましょう!

レッツ、チャレンジ!

ad




ad




-世界への投資
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今すぐインドに投資すべき3つの理由

  今、世界の大きな流れとしてインドが注目されています。 過去にもBRICsとして何度か注目されたことはありましたが、本当の成長はまだ先だったようで思ったような投資成果があがらず、資金流出に …

『7』がつく年の株価急落局面を考える

以前から言われていることですが、ここ数十年、『7』のつく年には株価の急落局面が必ずあったと言われています。 そして今年は2017年。2017年もあと残すところ4ヶ月弱ですが、急落を経験することなく乗り …

【投資信託】リアル証券マンが教える投資信託を使った投資手法

こんにちは! 読者の方から『投信についての記事書いて』とのご希望頂きましたので、本日は投資信託です!!   金融ビッグバンに伴い、今や銀行などでも扱えるようになった投資信託。 昨今の低金利も …

知られざる理由! 円高が進行 108円を割れ一時107円前半へ

  今日は為替が大きく動いています。 朝から108円台で推移していたドル円ですが、 午後には108円を割り込み107円台へ突入。 どうしてこんなに急激に円高が進行したのか。 様々言われていま …

クロスレートって何? 為替にまつわるお話

クロスレートとは何でしょう。 よく米ドルは基軸通貨であると聞くことがあると思います。 これは【通貨対通貨のレートを算出するにあたって基軸となる通貨です】ということを言っています。 どういうことでしょう …




このブログの投稿者

このブログの投稿者

現役証券会社勤務サラリーマン、通称リアル証券マンによる金融関連ブログ。現在はリテール営業に従事し、法人・個人のどちらも担当。早くリテールから脱却するため色々と試行錯誤中。

Twitter でフォロー

参加中のブログランキング

参加中のブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。