世界への投資 投資全般

今すぐインドに投資すべき3つの理由

投稿日:2017年7月23日 更新日:

 

今、世界の大きな流れとしてインドが注目されています。

過去にもBRICsとして何度か注目されたことはありましたが、本当の成長はまだ先だったようで思ったような投資成果があがらず、資金流出につながってしまいました。

しかし、2014年5月、グジャラート州首相だったモディ氏がインド首相に当選すると、流れが大きく変わりました。

モディ氏は2001年からのグジャラート州首相時代にグジャラートモデルと言われる強力なインフラ整備、外資系企業の州内誘致に成功しました。

このグジャラートモデルをインド全土に広げようというのがモディ首相の政策です。

以下では今後のインドの魅力について3つの観点から説明していきます。

もちろん他にも魅力はありますし、ネガティヴな側面があることも否めませんがインド投資のキッカケとしていただけたら幸いです。

 

①モディノミクスの推進

上記でも触れた通り、モディ首相はグジャラート州での経済改革の実績を引っさげてインド首相になりました。

経済活性化の軸として

(1)国内インフラの整備
(2)外資系製造業の国内誘致

が挙げられます。

国内インフラの整備に関しては、今年のインド国家予算からもその力の入れ方がうかがえます。

インフラ関連に3.96兆ルピー(約6.8兆円)を支出(前年度予算案 比13.5%増)。

上記のうち、鉄道、道路、水路を含む輸送関連に2.4兆ルピー(約4.1兆円)を配分(前年度予算案比11.6%増)。

また、州ごとに異なっていた税制を統一した物品・サービス税(GST法)を2017年7月より 施行したことで外資系企業にとってさらに参入しやすいマーケットになりました。

大きな流れとしてインフラ整備&外資系企業誘致

国内製造業の活性化(メイクインインディア)

所得増加による中間所得層の増加

消費の拡大

企業業績の拡大

税収増

更なる国内インフラ投資

という好循環を目指します

 

②インドの生産年齢人口の増加

国内経済の拡大の大前提として人口の増加が必須となります。

インドの人口ピラミッドは山型をしており今後の生産年齢人口の増加が見込まれます。

2022年には中国の人口を抜き世界1位の人口を誇ることが見込まれます。

インドにおいてGDPの約7割が消費と言われています。

消費の基盤となる人口の増加は今後のインド経済の拡大に大きく寄与すると見込まれます。

 

③各種リスクの少なさ

モディ政権が誕生してから早3年。

未だにモディ首相の支持率は7割を超えています。

しっかりとした政治基盤は今後のインド経済の安定にとって非常に大切になってきます。

また、昨今、アメリカのロシアゲート問題、欧州におけるEU離脱機運の台頭、北朝鮮を睨んだ各国の動き、中国国内の景気鈍化など、不確実要素が多々ある中で、それらの影響を直接的には受けにくいと考えられます。

もちろん、例外は多々ありますが世界的に見て相対的にリスクが低く感じられるのではないでしょうか。

 

おわりに

以上、今すぐインドに投資する理由を大別して3つお話ししました。

最後にこれはあくまで単なるデータでしかありませんが、日本の約10倍の人口を要する中国が、石油の需要量において日本を超えてきたのは2003年のことです。

その後中国は大きな発展を遂げ、今日の世界第2位の経済大国となりました。

対してインドも日本の10倍近くの人口を要しているにもかかわらず、日本の石油需要量を超えてきたのは一昨年、2015年のことです。

ひとつの指標でしかありませんが、インドの成長の目安として、石油の需要量に注目するのも面白いかもしれません。

 

日米欧が一生懸命、2%の成長を目指すもなかなか届かない最中、インドは7%の成長を実現しています。

中長期で大きな経済成長を享受するためにも、インド関連の金融商品は持っておいた方がいいかもしれませんね。

ad




ad




-世界への投資, 投資全般
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

まだ日本にとどまってるの?外国株式の魅力

コンバンワ。 北朝鮮による地政学リスクもひと段落といったところで世界的に株価が上昇してきております。 日本株に関しても例外ではなく反発してきておりますが、本日はタイトルにある通り外国株式の魅力について …

『7』がつく年の株価急落局面を考える

以前から言われていることですが、ここ数十年、『7』のつく年には株価の急落局面が必ずあったと言われています。 そして今年は2017年。2017年もあと残すところ4ヶ月弱ですが、急落を経験することなく乗り …

知られざる理由! 円高が進行 108円を割れ一時107円前半へ

  今日は為替が大きく動いています。 朝から108円台で推移していたドル円ですが、 午後には108円を割り込み107円台へ突入。 どうしてこんなに急激に円高が進行したのか。 様々言われていま …

【新興国】なぜ今、トルコなのか【底打ち】

金融市場では現在まことしやかにトルコへの投資が注目されています。 トルコといえば昨年、クーデター未遂があったのち、エルドアン大統領の強権政治の印象が強いかと思います。 それがなぜ今、トルコなのでしょう …

リアル証券マンが教える投資信託への投資

投資信託は、投資するお金を『信じて託す』ということです。 そんな投資信託ですが、実際に投資して資産が減った!なんていう話はよく聞きますよね。 投資信託で儲かったことがないという人もよくいます。 もちろ …




このブログの投稿者

このブログの投稿者

現役証券会社勤務サラリーマン。
現在はリテール営業に従事し、法人・個人のどちらも担当。
早くリテールから脱却するため日々奮闘!

Twitter でフォロー

参加中のブログランキング

参加中のブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。