マーケット全般 個別銘柄

株式チャート、下から見るか?横からみるか?

投稿日:2017年8月30日 更新日:

この間、見たんです。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

広瀬すずさんの声がたまらんですね。ネットでは酷評ですが、私個人としては楽しめました。

映画に影響を受けたタイトルですが、

『株式チャート、下から見るか?横から見るか?』

順序としてはまずは下から、続いて横から、最後に上から見るのが理想だと考えています。どういうことか。

 

株式チャート、下から見る

まずは銘柄分析です。

これからどれくらい上がって、どれくらいのリターンが見込めるかを考えます。

株式チャートがどこまで上がるか、まだ見えないチャートを下から見上げてみるイメージです。

ここでは主にファンダメンタル分析を行ないます。

私が見ているものはざっくり申し上げるとPBR、時価総額、直近5年分の業績とそこに付随する事業環境に関して

事業環境っていうのは所謂、セクター分析ですね。

テーマとも言えると思います。

 

株式チャート、横から見る

株式チャートを横から客観視し、テクニカル分析をします。

私が銘柄を選定する際に参考にしているのは200日移動平均線、一目均衡表、ストキャスティクスの3つです。

200日移動平均線上昇トレンド、下落トレンドの境目だと考えています。

200日移動平均線を超えてくればこれからも強含む可能性がある。

逆に200日移動平均線を下に割ってくれば売りが嵩むと考えています。

 

一目均衡表で参考にするのは転換点です。

雲の上限と下限の入れ替わり。

このときは株式チャートの動きが反転することが多いのです。

 

ストキャスティクスは過去における高値、安値に対して、当日の終値がどのような位置にあるかを数値化したものです。

おおよそ20~100の間で綺麗に上下を繰り返しています。

ストキャスティクスがそろそろ下限かな、というタイミングで買いを入れるようにしています。

だいたい20とか20を割るくらいですね。

ストキャスティクス:野村證券HPより引用)

 

株式チャート、上から見る

株式チャートを下から見て、横から見て、分析を終えたら実際にその株式を買い付けます。

あとは自分の分析を信じて待ちましょう。

そして順調に株価が上がってくれば、その株価から、自分が買い付けた時の株価を見て、利益を考えます。

チャートを上から見下ろすのです。

こうなれば理想の展開ですよね。笑

 

おわりに

今日は株式分析に関してざっくり書いてみました。

ひとつひとつの詳しい分析についてはまたいずれ、どこかで書きたいと思います。

これまでの推奨銘柄も以下に掲載しておきます!

ではでは!

推奨銘柄① 三社電機製作所(6882)

推奨銘柄② ミマキエンジニアリング(6638)

ad




ad




-マーケット全般, 個別銘柄
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【セクター分析】パワー半導体セクターはチキンレースなのか

  こんばんは! 今朝方、三社電機製作所に関する新しい記事を書きました! 【目標株価上方修正】三社電機製作所(6882)年初来高値更新! その直後に何というタイトルだ! と思われるでしょうが …

【割安株】昨日の日経平均株価の動きから推測されるお金の動き【ローテーション】

  昨日10月6日の日経平均株価はまたまたプラス。 本当に強いですね。 おとといは中小型株が売られてる!って騒ぎましたけど、昨日の日経平均株価の動きから推測されるお金の動きが見えた気がします …

【銘柄フォロー】三社電機製作所(6882) 通期業績予想を上方修正【目標株価上方修正】

  こんにちは!! 早速ですが… このブログで初めて三社電機製作所(6883)を紹介したのは今年の8月13日のことでした。 推奨銘柄① 三社電機製作所(6882)   それ以降、再 …

【投資信託】リアル証券マンが教える投資信託を使った投資手法

こんにちは! 読者の方から『投信についての記事書いて』とのご希望頂きましたので、本日は投資信託です!!   金融ビッグバンに伴い、今や銀行などでも扱えるようになった投資信託。 昨今の低金利も …

IPO(新規公開株式)をゲットするためには 抽選?配分?

株式で運用する上で、儲かることで有名なのでIPO(新規公開株式)です。 上場後、何日も値がつかずに買った値段から何倍にもなる可能性があることは皆様もご存知かと思います。 そのIPOですが、どうすればゲ …




このブログの投稿者

このブログの投稿者

現役証券会社勤務サラリーマン。
現在はリテール営業に従事し、法人・個人のどちらも担当。
早くリテールから脱却するため日々奮闘!

Twitter でフォロー

参加中のブログランキング

参加中のブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。