マーケット全般 個別銘柄

株式チャート、下から見るか?横からみるか?

投稿日:2017年8月30日 更新日:

この間、見たんです。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

広瀬すずさんの声がたまらんですね。ネットでは酷評ですが、私個人としては楽しめました。

映画に影響を受けたタイトルですが、

『株式チャート、下から見るか?横から見るか?』

順序としてはまずは下から、続いて横から、最後に上から見るのが理想だと考えています。どういうことか。

 

株式チャート、下から見る

まずは銘柄分析です。

これからどれくらい上がって、どれくらいのリターンが見込めるかを考えます。

株式チャートがどこまで上がるか、まだ見えないチャートを下から見上げてみるイメージです。

ここでは主にファンダメンタル分析を行ないます。

私が見ているものはざっくり申し上げるとPBR、時価総額、直近5年分の業績とそこに付随する事業環境に関して

事業環境っていうのは所謂、セクター分析ですね。

テーマとも言えると思います。

 

株式チャート、横から見る

株式チャートを横から客観視し、テクニカル分析をします。

私が銘柄を選定する際に参考にしているのは200日移動平均線、一目均衡表、ストキャスティクスの3つです。

200日移動平均線上昇トレンド、下落トレンドの境目だと考えています。

200日移動平均線を超えてくればこれからも強含む可能性がある。

逆に200日移動平均線を下に割ってくれば売りが嵩むと考えています。

 

一目均衡表で参考にするのは転換点です。

雲の上限と下限の入れ替わり。

このときは株式チャートの動きが反転することが多いのです。

 

ストキャスティクスは過去における高値、安値に対して、当日の終値がどのような位置にあるかを数値化したものです。

おおよそ20~100の間で綺麗に上下を繰り返しています。

ストキャスティクスがそろそろ下限かな、というタイミングで買いを入れるようにしています。

だいたい20とか20を割るくらいですね。

ストキャスティクス:野村證券HPより引用)

 

株式チャート、上から見る

株式チャートを下から見て、横から見て、分析を終えたら実際にその株式を買い付けます。

あとは自分の分析を信じて待ちましょう。

そして順調に株価が上がってくれば、その株価から、自分が買い付けた時の株価を見て、利益を考えます。

チャートを上から見下ろすのです。

こうなれば理想の展開ですよね。笑

 

おわりに

今日は株式分析に関してざっくり書いてみました。

ひとつひとつの詳しい分析についてはまたいずれ、どこかで書きたいと思います。

これまでの推奨銘柄も以下に掲載しておきます!

ではでは!

推奨銘柄① 三社電機製作所(6882)

推奨銘柄② ミマキエンジニアリング(6638)

ad




ad




-マーケット全般, 個別銘柄
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【衆議院解散総選挙】この相場で儲かるための株式投資の方法【2週間】

  日本株が強いですね! 為替は112円半ばですが日経平均株価は上昇しております。 この状況であれば何を買っても儲かるのではないかと思います。 ただ、その中でも上昇率に差は出てきます。 今日 …

【追加売出】日本郵政の値動きを振り返る【売買可能日】

  9月29日は追加売出となっていた日本郵政株の受渡日、売買可能日でした。 Twitterでもう郵政嫌いだみたいなこと言いましたけど、大イベントだったし、とんでもない動きがあったので記事にし …

【新興国】なぜ今、トルコなのか【底打ち】

金融市場では現在まことしやかにトルコへの投資が注目されています。 トルコといえば昨年、クーデター未遂があったのち、エルドアン大統領の強権政治の印象が強いかと思います。 それがなぜ今、トルコなのでしょう …

【バブル】日経平均株価はこの先、3万円を目指す展開に【ではない】

  おはようございます。 10月に入ってからというもの、日本の株式は本当に強く、大きく上昇しています。 よくお客様からも『バブルじゃねえか?』とご指摘いただきますが、決してそんなことはありま …

【大きく下げたから買おう!は間違い!?】損益通算の売りの影響

今年も残すところ4ヶ月弱。 マーケットは下がり続けていますが、『今こそ下がった株を買うチャンス!』とお考えの方。 その考え、間違ってる場合があります! 以下では『年末にかけての損益通算の売り』について …




このブログの投稿者

このブログの投稿者

現役証券会社勤務サラリーマン、通称リアル証券マンによる金融関連ブログ。現在はリテール営業に従事し、法人・個人のどちらも担当。早くリテールから脱却するため色々と試行錯誤中。

Twitter でフォロー

参加中のブログランキング

参加中のブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。